レディース喪服レンタルのメリット・デメリット徹底検証

レディース喪服レンタルのメリット・デメリット徹底検証

訃報は突然やってくるもので、お葬式もすぐに行われることが一般的。

急いで弔問の準備が必要となる中、クローゼットから喪服を出した際に汚れがあったり、サイズが合わなくなっていたり……ということがあっては困りますよね。

今回は、そんな時にも便利な「喪服のレンタル」について、メリットやデメリット、購入に比べて安いかなどの検証に加え、レンタルの方法、喪服の服装マナーについてご紹介します。

 

目次

喪服が必要なシーンとは

めったに使わない喪服ですが、そもそもどんなシーンで必要なのでしょうか。喪服を着ていくケースについてご紹介していきます。

葬儀

葬儀とは人が亡くなった際、故人の死を弔うための祭儀のこと。お通夜、葬儀、告別式を合わせてそう呼ぶ場合もあります。

一般的に、僧侶を招いて遺族や近親者とで行われます。故人の亡くなったその日にお通夜、2日目に葬儀・告別式という流れで行われることが多く、近親者は通夜か葬儀(告別式)のいずれか、もしくは全てに弔問します。

法事

法事とは亡くなった人の冥福を祈って供養する儀式のことで、法要とも呼ばれます。

四十九日や一周忌など、命日から一定の期間にさしかかるごとに行われます。僧侶を呼んで読経を上げてもらったり、お墓参りや僧侶と親族で会食をするなどが、法事の主な内容です。

 

葬儀・告別式・お通夜の違い 流れと基本マナー

 

喪服レンタルサイトのメリット

喪服を着用するシーンを理解したところで、購入に比べて喪服をレンタルするメリットも見ていきましょう。

[レンタルのメリット1]購入よりも安い

葬儀や法事はそう頻繁にあるものではありませんが、そこで着用する喪服は安い品物ではありません。

故人や遺族に対するマナーとしても、失礼のない服装を心掛けたいところです。

また、喪服を着用する際には、服に合わせた小物で全身のコーディネートが必須です。喪服と小物一式を揃えるとなると5~10万円ほどかかってしまいます。着る機会が限られている服に、これだけの金額を費やすことに躊ちょする方も多いのではないでしょうか。

その点、レンタルの場合は名の知れたブランドのものでも1万円かからずに一揃い借りることができます。サービスによっては、送料が無料になるケースも多く、購入の10分の1ほどに出費が抑えられるため経済的です。

[レンタルのメリット2]保管スペースの確保・手入れの手間がない

喪服を購入してしまうと、品質を保つために保管や手入れをする必要が出てきます。

着用する機会の少ない服ほど、お手入れなしで無造作に保管していると、汚れがシミになったり、カビが発生したり、虫に食われたり、服が傷むリスクがありますし、かといって使用するたびクリーニングに出したり、状態を定期的に確認しながら丁寧に保管するには手間がかかってしまいます。

一方、レンタルした喪服は、使用後にクリーニングが不要で、そのまま返却するだけです。保管のスペースもとられず、手間がかかりません。

あらかじめ訃報があった時のために揃えておく、ということに抵抗がある方にもおすすめです。

[レンタルのメリット3]年齢や体型の変化があってもOK

年齢を重ねると、体型や似合うデザインの変化などが出てくるものです。若い頃に買った服が着られない、似合わなくなってしまう、という経験がある方もいるのではないでしょうか。

もし大切に保管していて状態が良かったとしても、必要なタイミングで着られなければ意味がありません。安くない金額で揃えた喪服が着られなくなってしまうのは、勿体ないことですよね。

レンタルの場合は、必要になったタイミングでぴったりのサイズと似合うデザインの喪服を選べます。

[レンタルのメリット4]東京に住んでいなくても一式揃えられる

 

先ほども触れましたが、喪服を用意する場合は、喪服だけを買えば良いというものではありません。

例えば靴やバッグ、黒ストッキング、パールのネックレス、袱紗(ふくさ)、数珠など、葬儀の際に使用する小物なども持っておかなければなりません。全て用意するとなると費用と時間がかかってしまいます。

レンタルサイトでは、喪服と小物をセットで一式借りることができるサービスや、最短翌日に受け取れる配送サービスがある場合も多く、急ぎで必要な際には便利です。

この2つのサービスが充実しているかどうかは、喪服レンタルを選ぶ際には重要なポイントといえるでしょう。

ほか、居住地に近い衣装レンタルの店舗でも一式揃うサービスがあります。ただ、限られた店舗の中から商品を探す場合に希望のデザインやサイズがない場合も……。その点レンタルサイトは、ネット環境さえあれば家にいながら、多くの商品から選ぶことが可能です。

 

[お通夜・葬儀・告別式]持ち物リスト&服装小物マナー

 

喪服レンタルのデメリット

では、レンタルをするよりも購入した方が良い時とは、どんな時でしょうか。いくつかシーンを考えてみましょう。

[レンタルのデメリット1]お葬式が続く場合割高に

購入するよりも安い金額で借りられる喪服レンタルですが、場合によっては思いの外コストがかかってしまう可能性もあります。

具体的には、葬儀や法事などが頻繁に行われ、喪服を着る機会が非常に多い場合です。何度も喪服を着る機会があると、そのたびにレンタル料金がかかります。回数の積み重ねによっては、購入するよりもコストがかかってしまうこともあり得ます。
そんな時には装飾のあまりない定番デザインの喪服を購入した方がコストも手間もかからずおすすめです。ただ想定できることでもないので「もしもの時のために」という気持ちで揃えておきましょう。

[レンタルのデメリット2]試着ができない分、サイズや着心地が心配

ネットで喪服を選ぶ場合、試着ができないことはもっとも大きなデメリットと言えるでしょう。

注文した後に届いたレンタル喪服を着てみたら、サイズが合わなかった、という状況になることもあり得ます。例えば同じ9号でも、服によって微妙にサイズ感は異なります。ネットの喪服レンタルは少ない工程で完結させられる反面、手元に届くまで実際の品がどのようなものか確かめようがないため、その点については留意しておかなければなりません。

そんな時には、信頼のおけるレンタルサイトかどうかをチェックしましょう。

商品説明に着用感や素材の説明が丁寧にされているか、ブランド明記がきちんとなされているか、モデルが着用しているサイトなら、モデルの体型や身長の明記がある場合もあります。また、利用者の口コミなども参考になります。

[レンタルのデメリット3]手元に商品が届くまで不安

レンタルサイトの喪服は、品物を配送するシステムなため、配達が遅れてしまいお葬式に間に合わないリスクもゼロではありません。突然の自然災害等で配達が遅れてしまう可能性もあります。

送付先によっては、注文翌日や早ければ当日にレンタル品を受け取れるサービスもありますが、手元に届くまで不安だった、という口コミも聞きます。

早めの注文であれば、即日配送してくれることもありますが、お悔やみ事は突然起こるものです。注文の際は、配達予定日などを確認し、もし何か不慮のトラブルが起こっても対応できるよう、日数に余裕をもたせるため、できる限り早めに手続きしましょう。

また、間に合うか不安な場合は、直接サイトに問い合わせてみても良いでしょう。

 

 

どんな人に喪服レンタルはおすすめ?

喪服レンタルはどのようなケースにマッチするのでしょうか。その特徴をまとめました。

手間をかけずに喪服一式を利用したい方

喪服の保管など手間がかかることはしたくないという方にはレンタルがおすすめです。喪服はデリケートな品であるため、使用後はクリーニングに出さなければなりません。

クリーニングに出さなかったり、カバーをかけないなどずさんな保管をしたりすると、シワだらけになったり、カビが生えてしまったり、虫食いにあったり、さまざまなトラブルが発生する可能性があります。こういった手間をかけたくない人には、手間をかけずに使用できるレンタル喪服がおすすめです。

お葬式の機会が少ない方

自分や周囲の状況から、お葬式の機会が少ないと判断される方も喪服レンタルがおすすめです。

例えば周りの人が若く、お葬式の頻度がそこまで高くないと想定される場合は、レンタル回数も少ないと見込まれるため、レンタルの方がコストがかからないと言えます。もし、自分が若くても身近に高齢の方が多い場合は、購入とレンタルのコストを具体的に比較しながら考えてみましょう。

体型の変化が考えられる方

体型の変化が考えられる方にもレンタル喪服はおすすめです。

一定のサイズのものを購入してしまうと、次に喪服を着る機会が発生したときに、体型変化によって着られなくなっている可能性もないわけではありません。

女性は妊娠や出産など、体型だけでなく立場や環境の変化が大きいため、その時期に合う服装も変わってきます。いまの自分に合う喪服を毎回購入するよりも、レンタルを活用したほうがコストがかからない場合があります。

遠方のお葬式で荷物を増やしたくない方

遠方でのお葬式が見込まれる場合もレンタルがおすすめです。

喪服や小物を持って新幹線や電車、飛行機に乗ることは大きな荷物になり、非常に大変です。小さく折りたたんで旅行バッグに詰め込むとシワや型崩れの原因になるため、専用のバッグに入れて持ち運ぶなどの対応が必要になります。さらに、靴やバッグなど喪服用の小物も合わせると、ある程度まとまった量の荷物になることが考えられます。

長旅のところ、多くの荷物を持ちながら移動や乗り継ぎをするのは非常に骨が折れるものです。

そのため遠方に行かなければならない場合は、斎場近くの喪服のレンタルを利用したり、喪服の送付先を斎場近くや宿泊先にすると、喪服一式を持ち歩く必要がなく便利です。

[コラム]東京で喪服が必要な場合はレンタルできる?

その日のうちに急遽喪服が必要となれば、レンタルの店舗がおすすめです。もし、前日の16時まで注文ができるなら「Cariru BLACK FORMAL」サイトのレンタルは、居住地とは別の指定場所にも配送が可能です。例えば東京で葬儀があった場合、宿泊先のホテルに配送することもできます。

東京以外にもこちらの地域は、前日の16時までの注文で配送できます。

 

喪服レンタルの種類

喪服のレンタルにはどのような種類があるのでしょうか。

葬儀屋からレンタルする

お通夜や葬儀を執り行う葬儀屋では、喪服のレンタルを扱っているところも多くあります。

葬儀屋にレンタルを頼めれば、葬儀のタイミングや段取りなどとも合わせやすく、何かと都合が良いでしょう。ただし、自分がどのような立場で葬儀に参加するかによって、利用の可否が変わります。
遺族側であれば事前にレンタルの旨を伝え、喪服を選んでスムーズにレンタルすることが可能ですが、参列者側になると、事前に式が行われる会場がわからないため、喪服をレンタルすることが難しいという問題点があります。

また、葬儀屋からのレンタルは、喪服レンタルの中ではレンタル料が割高な傾向にあるという点も留意しておきましょう。

貸衣装店からレンタルする

貸衣装店でも喪服をレンタルすることが可能です。メリットは、実物をみてデザインを選び、試着をすることが可能なので、サイズが合わないなどのトラブルを防げる点が挙げられます。また、借りたい喪服が見つかれば、あとは店員に頼みレンタルの手続きをすれば完了なので、喪服レンタル自体の手続きは簡単で手間がかかりません。

インターネットで「喪服レンタル 東京」「喪服レンタル 横浜」など地域と合わせて検索をすると、検索地域の実店舗がヒットする可能性が高まります。

ただし、実店舗に行きデザインを選んだり、試着をする必要があるため、近くに実店舗がない方にとっては時間と手間がかかってしまうデメリットもあります。また、店舗内の商品には限りがあるため、少ないデザインから選ぶことになる場合も多くあります。

喪服レンタルサイトからレンタルする

レンタルサイト「Cariru BLACK FORMAL」

最後にご紹介するのはネットでレンタルする方法です。

急ぎで必要な時でも、家にいながら、もしくは移動中などのスキマ時間を利用して、パソコンやスマホから簡単にオーダーが可能です。お店に足を運ぶ必要はないため、時間や手間はほとんどかかりません。数ある商品から希望のサイズやブランドを一覧で見ることもできます。

しっかり寸法を確認した上で注文すれば、着用が困難なほどの大きなサイズ違いはほとんど起こらないでしょう。

デザインやサイズをネットで選び注文すれば喪服が配送されるシステムで、手続きがスムーズです。

懸念点は、サイトによって取り扱う商品の質にばらつきがあることです。商品情報のブランドを確認したり、定価を確認するなどして、利用者側のチェックが必要になりますが、それらのポイントを押さえておけば、質も担保された商品を選ぶことができます。

指定の送付先に配送されるので、自分で取りに行く必要がなく、待っているだけで喪服を受け取れる点も便利です。手間が少なく手続きが簡単なことなどを考えると、喪服のレンタルとしてはネットを利用するのがおすすめです。

 

ブランド喪服のレンタルサイトはこちら▼

「Cariru BLACK FORMAL(カリルブラックフォーマル)」

 

喪服の格式・種類と選び方

喪服は大きく3つの種類で分けられます。

具体的には。正喪服・準喪服・略喪服の3種類で、格式によって区別されています。それぞれの特徴や着用シーンについて見ていきましょう。

まずは正喪服です。正喪服は最も格式が高い種類であり、喪主や親族など葬儀を主催する側が着用するものです。葬儀や告別式、一周忌までの法要などの際着用します。

続いて準喪服です。準喪服は一般的な喪服とされていますが、喪主や遺族が略用で着る場合もあります。また、一般参列者であれば準喪服を着用するのが妥当です。

最後は略喪服です。黒や濃紺など、ダークカラーの控えめな服装でお通夜の参列の際に着用されます。なお、三回忌以降の法事でも着用します。

メンズ喪服の選び方

それでは、男性の場合はどのような喪服を選べば良いのでしょうか。

まず、喪服の種類は正喪服または準喪服を選びます。生地は光沢素材でないものを選びましょう。なお、2021年現在では、喪主や親族などの招く側も準喪服を着用するのが一般的とされているため、必ずしも正喪服にこだわる必要はないと言えます。

ワイシャツは白の無地が基本です。柄物やボタンダウンのシャツはカジュアルな仕様なためNGです。

ネクタイは黒の無地のものを選び、マナーとしてディンプルは作らないこともポイントです。ディンプルな華やかな装飾ですので、このような場では必要ありません。

ベルト・靴下も黒の無地を選びます。色合いと素材、柄の有無に気をつけながら選ぶことが大切です。

レディース喪服の選び方

女性の場合はどのような喪服を選べば良いのでしょうか。まずは男性と同じく、喪服の種類から考えます。

正喪服または準喪服を選びましょう。遺族や近い親族は正喪服、弔問する方は準喪服が基本です。喪服のデザインは、パンツやワンピース、アンサンブルスタイルがあります。

露出の高いデザインは避け、トップスは長袖から5分袖、スカートは膝からふくらはぎくらいの丈が一般的です。腕を動かしたときや座った際に袖・丈が短くなるため、肌が見えすぎないかなども確認しておくと安心でしょう。ストッキングは黒の薄手のストッキングが正式とされており、30デニール以下が基本です。もし少し気温の低い季節であっても、デニールの大きい厚手のタイツなどは相応しくないので気を付けましょう。

バッグは黒の布製が基本です。光沢や飾りのないシンプルなものが好ましく、数珠や袱紗が入る程度の大きさが良いとされています。黒のサブバッグを合わせるのも可です。パンプスは黒色を選びます。素材は布または皮のものが好ましいでしょう。ミュールやサンダルなど、足の露出部分が多いもの、派手なデザインの靴は避けます。

アクセサリーは真珠が定番となっており、ネックレスとイヤリングのアクセサリーと結婚指輪以外は外した方が良いでしょう。

派手なネイルは落とす必要がありますが、もしネイルアートなど簡単にオフできない場合は、手袋を使用します。通常は手袋着用のまま過ごし、お焼香の際に外します。

 

【通夜・葬式】服装マナーと喪服の選び方|女性編

 

喪服のレンタルのしくみや料金の相場

バッグを選ぶポイント

WEBで注文をする喪服レンタルサイトの仕組みについて説明します。実際の手続きをイメージするための参考にしてみてください。

レンタル期間

喪服レンタルは、2泊~3泊が一般的なレンタル期間となっています。

もしくは、その基本期間に追加をしてプラスの料金で眺めのレンタルが可能になる場合が多いようです。

1日目にお通夜、2日目に葬儀・告別式で、その前後に1日ずつプラスと考えると、3泊4日がちょうど良い期間と考えられます。ただし、こちらはすべてに参列する場合。また、葬儀の日程は地域などによっても大きく異なります。

葬儀の日程が一般的な期間よりも長い場合や、友引の日は火葬が行えないといった六曜の影響などにも左右されるため、一般的な日程と異なるかどうか、日程を確認しましょう。

料金の相場

喪服レンタルで気になる点の1つが料金ではないでしょうか。

喪服レンタルの相場はノーブランドが5,000円から、ブランド喪服は8,000~15,000円と幅が広いようです。親族が着る正喪服より、準喪服の方が安価になる傾向があります。

実際に喪服を着用するとなると、上記にプラスして、男性の場合はワイシャツやベルト、女性の場合はパンプスやアクセサリー、バッグなど小物も必要になります。これらの小物類は別途一式セットで借りられることも多く、急ぎで必要な際には小物料金も想定しておく必要があります。

小物と喪服のフルセットの相場は7,000~10,000円ほどです。

 

レンタルから返却までの流れ

一般的なネットでの喪服レンタルを行う際の、レンタルから返却までのおおまかな流れや注意点などをみていきましょう。
まずはスマホやパソコンで喪服レンタルサイトを検索します。いくつかサイトが出てくるのでレンタル品の質やプラン、料金などを比較しながら、自分の条件にあったサイトを選びましょう。利用するレンタルサイトが決まったら、着たい喪服を選びます。選ぶ際にはデザインだけでなく、喪服のサイズやブランド、付属品など着用の際必要になる情報を確認しておきます。また、葬儀に間に合うよう、いつ頃届くのか日付を確認することも重要です。
問題がない場合、支払い方法などの必要情報を登録し、注文を確定させます。後は配送が届くまで待ちましょう。指定した送付先に喪服が届いたら、注文した品が全て揃っているか、状態に不都合はないかなど、中身を確認します。

使用後はクリーニングなどの必要はなく、そのまま返却が一般的です。袋や箱などは送られてきたもので梱包し、同梱されている返送伝票を貼ります。返却期限までにレンタル業者へ発送すれば、レンタルから返却まで完了です。
なお、レンタル方法は業者やサイトによって変わることがあります。実際に喪服レンタルを利用する際は、自分が利用する業者・サイトの情報を優先してください。

実際に購入とレンタルはどっちがお得?

実際に喪服は購入するのとレンタルではどちらがお得なのでしょうか。長い目で考えれば購入の方がお得にも見えますが、考え方やケースによってどちらがお得かは変わってきます。さまざまな例を挙げながら比較してみましょう。

1つ目の例は、親戚の急な訃報があった場合。
親戚は故人と近しい間柄にあたるため、お通夜から葬儀、初七日から四十九日など喪服を着用する機会が多いと考えられます。
レンタルは一般的に2泊~3泊がレンタルの期間とされているため、全ての機会でレンタル喪服を利用するには、借りたり返したりを繰り返さなければなりません。そうなると、何回も利用する分コストがかかり、また何度も借りる手間も発生します。このようなケースでは、購入するほうがトータルとしてお得と言えるでしょう。

2つ目の例は、知人のお通夜参列の場合。
お通夜の場合は参列のみであるため、基本的に1日、実質は数時間~半日の着用で終わります。限られた時間のみの着用なので、レンタルをするほうがお得と言えます。送り先が都内であれば当日配達が可能な場合もあるため、短い期間でスムーズに受け取れる可能性が高いでしょう。レンタルのメリットを活かすことができるケースです。

3つ目の例は、女性が喪服を着用する場合。
女性の場合、結婚して子供ができる可能性があります。つまり、体型やライフスタイルが変わる可能性があるということです。その点を踏まえて考えることが大切でしょう。妊娠中の場合、喪服を購入すると、出産後また体型が変化し、妊娠中の喪服のサイズが合わなくなるということが考えられます。妊娠中の体型は一時的であることが多いので、レンタルで対応した方がお得と言えるでしょう。既に子どもが生まれている場合は、今後お子さんのセレモニーの場で、フォーマルな服装として喪服を着用することも見越せます。着用する機会が多くなる可能性があるため、購入してしまったほうがお得と言えます。

喪服レンタル「Cariru BLACKFORMAL」がおすすめ!

レンタルサイト「Cariru BLACKFORMAL」

喪服が必要となるタイミングは突然訪れます。その際、喪服の購入とレンタル、どちらがお得なのかは状況やケースによりけりです。ただし、喪服のレンタルはクリーニングや保管の手間が省けるというメリットがあります。たとえ購入のほうがお得だとしても、購入した後の手間も考えると、トータルとしてレンタルの方がおすすめです。

 

おすすめ関連記事▼

【香典マナー】香典袋の書き方や包み方・関係別の金額

[お悔やみの言葉]声がけのタイミングは?お通夜・告別式シーン別例

お焼香のやり方や回数は?宗派別、葬儀のお焼香マナー

 

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

ブラックフォーマルカテゴリの最新記事