[お通夜・葬儀・告別式]持ち物リスト&服装小物マナー

[お通夜・葬儀・告別式]持ち物リスト&服装小物マナー

お通夜や葬儀・告別式への参列する際には、服装だけでなく持ち物にも注意したいものです。とはいえ、訃報の知らせは突然です。慌てずに対応できるよう、必要なものを確認しておきましょう。

葬儀参列に必須の持ち物

まずは、葬儀参列に必須の持ち物のチェックリストを確認してみましょう。

□香典
□袱紗(ふくさ)
□数珠
□ハンカチ
□財布

 

香典

香典は、お通夜か葬儀のいずれかに持参します。どちらにも参列する場合は、お通夜に持参するのが一般的です。

香典袋や表書きの種類は宗派によって違うので、故人に合わせて選びましょう。もし故人の信仰がわからない場合には、シンプルなデザインの香典袋を選び、表書きは「御香典」または「御霊前」と記載するのが無難です。

また、香典袋に入れるお札が新札だと、故人の不幸を予期して準備していたように見える可能性があることから、新札は使わないのがマナーです。

 

 

袱紗(ふくさ)

香典は、香典袋のままカバンに入れず、袱紗に包んで持参します。

袱紗にも種類がありますが、葬儀に参列する際には不祝儀用を使用します。一般的に、黒やグレー、紺など、寒色系の色味で装飾の少ないものが弔事用とされます。

紫色の袱紗は、慶弔両用に使用できるので、一つ持っていると便利です。

袱紗を用意する時間がないときは、香典を無地のダークカラーのハンカチに包んで代用しましょう。香典を丁寧に扱うことが目的なので、ハンカチや風呂敷を用いることがマナー違反にはなりません。

 

弔事用 袱紗のレンタルはこちら

 

数珠(じゅず)

お焼香の際に必要な数珠ですが、親族であっても数珠の貸し借りはマナー違反です。一人一つ持ちましょう。

色や素材に決まりはありませんが、数珠の数やデザインは宗派によって異なります。迷うのであれば宗派に関わらず使える略式数珠を持つか、数珠を持たない選択をしましょう。

最初に一本購入する場合は、汎用性の高い略式数珠がおすすめです。

 

数珠のレンタルはこちら

 

 

ハンカチ

ハンカチ

葬儀に参列する際に持つハンカチは、白色か黒色が基本です。

無地のものが好ましいですが、同色の刺繍や控えめなレースをあしらったものであれば問題ありません。赤やピンクなど、派手な原色や柄物はNGです。

 

財布

財布

葬儀参列時には、荷物を最小限にするのがマナー。香典や数珠、ハンカチなどの必要なものと貴重品だけになるように、荷物は小さくまとめましょう。

普段、長財布等を使っている人は、小さめの財布に必要な分だけ入れて持つといいでしょう。

 

あると便利な持ち物

気候などによって万が一の際に役立つものや持っていると便利なものについてチェックしていきましょう。

□タオルハンカチ
□折り畳み傘
□扇子
□手袋
□黒ストッキング
□化粧直しセット

 

タオルハンカチ

葬儀はフォーマルな場ですので、カジュアルなタオルハンカチのみを持つのはおすすめできません。

しかし、汗をかきやすい時期や雨の日などには吸水性の良いタオルハンカチが一枚あると便利です。綿のフォーマルなハンカチとタオルハンカチの二枚持ちがベストです。

 

折り畳み傘

天気予報しだいでは、折り畳み傘を用意しましょう。

晴雨兼用のものであれば、日差しが強い夏場にも使用することができるので便利です。葬儀参列の際の持ち物は、派手な色はNG。傘も、黒やグレー、紺などの控えめな色を持ちましょう。

 

扇子

扇子

夏場の暑い時期はもちろんですが、人が大勢集まった場所は熱気で温度が上がり蒸し暑くなることも。そんな時、扇子があればさりげなく仰ぐことができて便利です。

葬儀に持っていく扇子は、黒色を選ぶのがマナー。一つ持っていると、いざという時に困りません。

 

手袋

手袋はしてもしなくてもどちらでも構いませんが、お焼香の際には外すのがマナーです。

また、素材にも気をつけなければなりません。黒色のレースや、布製であれば問題ありませんが、死や殺生を連想させる革製の手袋はNG。革以外にも、ファーなどがついたものは同じ理由から避ける必要があります。

 

予備の黒ストッキング

予備の黒ストッキング

喪服には黒色のストッキングを合わせますが、伝線しやすく、その伝線が目立ちやすいという難点があります。葬儀場によっては靴を脱ぐところもあるので、替えのストッキングを1足持っておくことをおすすめします。

葬儀には、20デニールの黒ストッキングが良いとされています。普段から一足持っておくと良いでしょう。

 

 

化粧直しセット

涙でメイクが崩れてしまった時のために、化粧直しセットも持っておきましょう。荷物は小さくまとめる必要があるので、バッグに入る程度の必要最低限のものだけに抑えます。

 

葬儀の服装・小物マナー

葬儀に参列するにあたり、持ち物に気を遣うのはもちろんですが、服装や小物にも気を付ける必要があります。こちらでは、服装や小物のマナーについてご紹介します。

 

[ネックレス・イヤリング]一連パールが基本

ネックレスを付ける場合は、一連のパールネックレスを着用しましょう。白の真珠(パール)が基本ですが、黒真珠でもOK。パールは別名「月の涙」と呼ばれ、涙の象徴として用いられます。

ただし、二連・三連のネックレスは不幸が”重なる”ことを連想させ縁起が悪いため厳禁です。
また、イヤリングやピアスは身につけないほうが無難ですが、もし付けるのであればシンプルな一粒タイプの真珠を選びましょう。

 

弔事用 アクセサリーのレンタルはこちら

 

[指輪]結婚指輪以外は外す

結婚指輪以外の指輪は外しましょう。

結婚指輪であれば、ピンクゴールドやイエローゴールドなど明るい色の指輪も問題ありませんが、気になるようであれば外しておくのが無難です。ダイヤなどの石がついているものは外すか、石の部分を手のひらの方に回すなどの配慮が必要です。

 

[バッグ]光沢や金具付きのものは避ける

Select Shop 【小物フルセット】ドレープサテンリボンバッグセット ブラック
【小物フルセット】ドレープサテンリボンバッグセット

お葬式に持っていくバッグは、黒色であればなんでも良いわけではありません。布製で光沢のない、シンプルなデザインのものを選びます。また、金具がついているバッグも避けたほうが無難です。

バッグに荷物が入らない場合はサブバッグがあると便利です。こちらもラメやビジューなど光る装飾は相応しくありません。弔事には極力装飾の控えた黒のサブバッグを用いましょう。

バッグの作法

サブバッグや大きめのバッグ(リュックなど)は、受付の際にクロークに預け、会場に持ち込まない方が良いです。

ブラックフォーマル用の小ぶりのバッグなら、座席のある場合には基本膝の上に置いて座ります。お焼香に向かう際には座面や椅子の下に置き、席に着く際にまた膝の上に置きます。

椅子が設けられていない場合は、焼香台の前や横の荷物台にバッグを置いてお焼香をします
荷物台がない場合でも、足元に置いてお焼香をして問題ありません。床に置くことに抵抗がある方は、脇に挟むなどしてお焼香をしましょう。

 

ブラックフォーマルバッグのレンタルはこちら

 

[靴]金具や紐がないミドルヒールを

足元は、黒色のパンプスが基本です。こちらも金具や紐など装飾がなく、太めのミドルヒールのものを選びます。ストッキングは、薄く肌が透ける黒色のものを。

夏でもベージュストッキングや生足は厳禁です。また冬場に黒タイツを履くこともマナー違反です。20デニールが良いとされていますが、どうしても寒い場合には肌の色が透けるタイプのタイツを選ぶと良いでしょう。

 

ブラックフォーマルパンプスのレンタルはこちら

 

[髪型]髪留めで低い位置でまとめる

髪型は、清潔感があってきちんとした印象であることが大切です。結べる長さであれば、低い位置でまとめます。ゴムや髪留めは、黒や紺、茶系のものを選び、装飾のあるものは避けましょう。

 

[メイク]派手な色やラメはNG

髪型と同様、華美にならないよう、ナチュラルメイクできちんとした印象になるよう気をつけましょう。

急ぎでかけつけるとは言え、全くのノーメイクも失礼にあたりますので注意が必要です。派手な色やラメは使わず、全体的に自然な色を選んでナチュラルメイクに仕上げます。

 

喪服の服装マナー

喪服とは、通夜・葬式などの弔事で着用する礼服のことです。女性のフォーマル服には3つの格式があり、正式礼装、準礼装、略礼装があります。

 

正礼服・正喪服とは

東京ソワール ノーカラージャケット&前開きフレアワンピース

|洋装:シルクまたはウールの黒ワンピーススーツ
|和装:黒無地5つ紋付着物

正礼服・正喪服は主に、遺族や近い親族が着用する礼装です。
光沢のない漆黒無地であることがマナー。肌の露出を抑えたデザインで、スカートの丈は膝下であることなど、多くのフォーマルマナーがあり、格式の高いものです。

 

正礼服の喪服レンタル一覧はこちら

 

準礼服・準喪服とは

CARETTE カレット ノーカラーダブルVネックジャケットウエストラインワンピース

|洋装:ブラックフォーマル
|和装:寒色系の1つ紋、3つ紋付着物

通夜・葬式で弔問客が着用する喪服を指し、一般的な喪服がこれにあたります。
遺族でない場合は準礼服を着ていくことが基本です。遺族より格式の高いフォーマル服を着ることは失礼にあたりますので、気を付けましょう。

正喪服と異なる点として、生地に高級素材を使用していないものや、平リボンやレースなどの装飾が施されたファッション性のあるものがありますが、マナー上は問題ありません。その場合も光沢のない黒無地で、露出と装飾を控えたデザインが主流です。

最近では、ご遺族の方も準喪服を着る方も多いようです。
喪主でない場合、何を着たら良いか不安な方は準喪服を選ぶのが良いでしょう。

 

準礼服の喪服レンタル一覧はこちら

 

略礼服・略喪服とは

東京ソワール ノーカラージャケット&総レースボトルネックロングワンピース

|洋装:ブラックなどダーク系スーツ・ワンピース

略礼服・略喪服はブラックのスーツやワンピース、パンツスタイルを指します。
正喪服や準喪服は、弔事用の『染め』を施しているため、一般的な黒色の洋服よりも『深く濃い黒色』になるのが特徴ですが、略礼服・略喪服の場合は、黒服であれば良しとされています。

これには「急な訃報に急いで駆け付けた」という意味合いが含まれており、葬儀の中でもっとも早く行われる通夜の服装は、こちらの略礼服の喪服が相応しい服装です。黒以外に、濃紺やダークグレーの平服でも失礼にあたりません。

一方、葬儀や告別式は喪服、持ち物も黒で統一するのがマナーですので、気を付けましょう。

 

略礼服の喪服レンタル一覧はこちら

 

マナーを守って思いを込めた会葬を

人葬儀参列時の身だしなみは、大として身につけておきたいマナーの一つです。急な訃報の連絡にも、慌てずすぐに対応できるよう、弔事用の小物は揃えておくと安心です。

喪服やブラックフォーマル、弔事用の小物が手元にない場合は、一式揃うレンタルもおすすめです。

 

レンタルサイト「Cariru BLACKFORMAL」TOP
レンタルサイト「Cariru BLACKFORMAL」

「Cariru BLACK FORMAL」のレンタルなら、最短即日配送のサービスもあり、急に必要な方にも安心です。クリーニングが不要なうえ、コンビニから着払いで返却も可能。夏用素材の喪服や豊富なサイズ展開など、時期によって使い分けをしたい方にも便利なサービスです。ぜひ、チェックしてみてください。

故人を偲び、ご遺族を慰める葬儀。マナーを守って、きちんと参列しましょう。

 

 

レディース喪服レンタルのメリット・デメリット徹底検証

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

ブラックフォーマルカテゴリの最新記事