[男女別]平服の意味とマナーとは

[男女別]平服の意味とマナーとは

結婚式二次会、同窓会の招待状でよく見かける「平服でお越しください」の文字。

平服って一体どんな恰好のこと?って疑問に思ったことありませんか?文字だけみると自由そうに見える「平服」ですが、マナーやポイントがあるのです。

その場に行ったら1人だけ浮いていた!という恥ずかしい事がないように基本となるポイントをおさえておきましょう。

平服の意味とマナー

平服とはどんなもの?

平服(へいふく)

① 式服・礼服に対して、ふだん着る服。また、その身なり。普段着。 「当日は-でおいで下さい」

辞典で調べるとこのような記述がありますが、「つまり普段着ね!」と理解すると恥をかくことになりますので気を付けましょう。

 

まず、冠婚葬祭の服装には、フォーマルな順に

正礼服(フォーマル)

準礼服(セミフォーマル)

略礼服(インフォーマル)

があります。

平服とは、ゲストに緊張せずくつろいでもらいたいという新郎新婦の配慮の言葉で、正式なドレスコードという訳ではありません。

結婚式で言えば、「タキシードやイヴニングドレスなどの礼服ほどかしこまった服装でなく、お気軽にお越しください」という解釈が正しいのです。

かと言って、お祝いの場に招待された訳ですから、出席するゲストはそのお祝いの気持ちを服装で伝えなければいけません。

一般的に結婚式のお呼ばれには準礼服(セミフォーマル)がドレスコードですが、招待側の新郎新婦の意向を組むならば、フォーマルの格をひとつ下げ、略礼服(インフォーマル)、となります。

この場合、結婚式の招待状での「平服」は略礼服を指しますが、「平服=略礼服(インフォーマル)」という訳ではありません。本来のドレスコードより、ややカジュアルダウンしても問題ない、ぐらいの認識ですので、まずは本来のドレスコードがどれ位フォーマルな場であるか、を意識することが大切です。

TPOが重要視されるため、冠婚葬祭などシーンや男女によって平服の意味合いも異なるので、どこに着ていくかによって平服選びをする事がポイントです。

男性の平服ポイント

スーツまたは、ジャケット・シャツ・ネクタイが基本です。

結婚式や祝いの席では、ネクタイを華やかなものにしましょう。昔のように「結婚式のネクタイは白」という習慣もなくなりましたが、ダーク系のものより明るい色のネクタイがベター。光沢感のあるライトグレーやシルバー、華やかなピンク系などパステルカラーもおススメです。

ポケットチーフなどでアレンジするとさらにドレスアップできますね。

スーツやネクタイの色を迷ってしまう場合は、招待状の会場の格式をチェックしましょう。

ホテルならややドレスアップを、レストランならブラックスーツよりも、明るい色のスーツやジャケットでもよいでしょう。会場で浮かない格好を意識するだけでもコーディネートしやすくなります。

葬儀で平服との一文があれば、「喪服を着なくていいです」という意味です。明るい色は避け、黒または濃いグレーなどのダークカラーのスーツやジャケット、ネクタイを選びましょう。

男性の平服 注意点

平服を普段着と勘違いする人がいますが、どのシーンであっても、Tシャツ・スニーカー・ジーンズはNGです。

女性の平服ポイント

スーツまたは、ワンピースまたは、スカート・ジャケットを選びましょう。

She’s 【プレミアムスーツ2点SET】シーズ
GRACE CONTINENTAL グレースコンチネンタル サテンクロスドレープドレス
Ray Beams レイビームス ノーカラーペプラムショートジャケット

祝い事の際には、なるべくシンプルで清潔感があるものがおすすめです。パーティですので、綿素材よりは、サテンなど光沢感のあるものがよいでしょう。ただし、主役や主賓よりも目立ち過ぎるものは控えるのがマナー。逆に黒の飾り気のないスーツや葬儀を連想させるような真っ黒な服装も好ましくありません。全身白色または黒色のコーディネートは避けましょう。

柄のドレスはOK?

セミフォーマルでは生地と同色の刺繍や織り柄が一般的ですが、インフォーマルであれば色数の多い柄やプリント柄でも良いとされています。

また、最近見かけるパンツドレスもセミフォーマルではカジュアルな印象を持つ人もいますが、結婚式参列の平服となれば、適してると言えそうです。

GRACE CONTINENTAL グレースコンチネンタル ローズ刺繍フレアドレス
GRACE CONTINENTAL グレースコンチネンタル タックレースサロペット

葬儀では、黒やダークグレー、ネイビーのワンピース、アンサンブル、スーツを着用します。この時、インナーも同色にしましょう。アクセサリーは無しかパールにとどめて、華美なものはつけないように気をつけます。

女性の平服 注意点

女性の平服のポイントは、スカートの丈です。短すぎないようにひざ丈のものを選びましょう。

ノースリーブの場合は季節を問わずボレロやショール、ジャケットなど肩を隠せる羽織りものを合わせる方が好ましいです。靴はつま先の見えるオープントゥやサンダル、ブーツを避け、ヒールのついたパンプスが一般的です。

とりあえずいつものスーツ…ではNG

平服がわからないのでとりあえずいつも着ているスーツで来ました。という人が多くいますが、祝いの席などは特にいつものスーツでは印象が堅すぎる場合があり、シーンに合わせる工夫をする事もマナーのひとつといえます。お祝いの席に出席する際は、お祝いの気持ちを服装で伝えることを意識しましょう。

男性の場合はネクタイやポケットチーフなど、女性の場合はインナーを光沢のある華やかなものにする、などがオススメです。

 

・平服の本来の意味が、「緊張せずに出席してほしい」というホスト側の配慮であること

・お祝いの席の場合、ゲストである私たちはお祝いの気持ちを服装で伝える必要があること

この2つが理解できれば、堅苦しく考えずにTPOに合う服装ができるのではないでしょうか。

普段のドレスコードよりも少し自由度がありますので、お祝いの席に華を添える自分らしいドレスアップを心掛けてっみてはいかがでしょうか。

 

ドレスコードについては、ぜひこちらもご覧ください。

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

ファッションカテゴリの最新記事