結婚式にお呼ばれしたら!ゲストが必要な持ち物リストまとめ

結婚式にお呼ばれしたら!ゲストが必要な持ち物リストまとめ

結婚式に招待された場合に、何を用意すればよいのか分からないという方は少なくないでしょう。以下ではそのような方のために、結婚式に参列する場合の必須アイテムや、あると便利な持ち物をリスト形式で紹介します。

それらの中には、購入しなくてもレンタルできるものもあるため、そういった入手方法についても紹介することにしましょう。

結婚式に絶対に必要な持ち物

まず最初に、結婚式に絶対に持っていくべきアイテムは、大事な順に次の通りです。

・お金(ご祝儀)
・ご祝儀袋とペン
・袱紗
・スマホやカメラ
・お財布
・メイク道具
・ハンカチとティッシュ

お金(ご祝儀)

結婚式 ご祝儀

結婚式に呼ばれた場合に、必ず持参すべき持ち物として真っ先に頭に入れておくべきなのはご祝儀です。万が一、持っていくのを忘れてしまうと、大変なマナー違反になってしまいますので、あらかじめ当日の持参品として準備しておく必要があります。

ご祝儀を用意する際に悩ましいのがいったいいくらを包めばよいのかという点です。
これについては、友人の結婚式の場合には一般的に3万円が相場とされています。
結婚式の一人当たりの費用がだいたいその前後であることを踏まえたものですが、地域によっては若干相場が上下するケースがあるので、特に地方の式に呼ばれたような場合には、その土地の習慣を確認しておくと良いでしょう。

また、ご祝儀は新札で用意するのが礼儀とされています。
これから新たな生活を始める夫婦に対して使い古したお札を贈るのは失礼に当たるため注意するようにしましょう。なお、新札は銀行の窓口や両替機で入手可能ですが、平日しか開いていないためやむを得ず休日に調達する必要がある場合にはATMで何度か両替すると出てくることがあります。

式場によっては両替用に用意されているところもあるため、問い合わせてみるのも良いでしょう。
どうしても新札が用意できなければ、最後の手段として古いお札にアイロンをかけてしわを取るというやり方もありますが、失敗しないよう注意が必要です。

ご祝儀袋とペン

ご祝儀袋

ご祝儀はそのまま渡すのではなく、必ずご祝儀袋に入れて受付で渡すようにしなければなりません。
ご祝儀袋には様々なタイプのものが存在しており、デザインも多種多様ですが、必ずしも結婚式用のものばかりではないため、間違えて他の用途のものを購入しないように注意する必要があります。

値段もピンキリで、なるべく安いものにしたければ100均ショップやコンビニで購入できますが、少しお洒落なデザインのものを選びたければ雑貨店やデパートで選ぶのがおすすめです。
また、ご祝儀袋には誰から贈ったものかが分かるように自分の名前などを記載する必要があるのですが、その書き方については購入時に説明がついていることがほとんどですので、それに従うようにすれば大丈夫です。

急いでいる場合には筆ペンも併せて購入すると式場に着いた後に慌てずに済むでしょう。
なお、文字に自信がないという方は、デパートや書店の筆耕サービスを利用するのも一案です。

袱紗

結婚式 袱紗

ご祝儀袋は素手で持っていくのではなく、袱紗に入れておいて受付で取り出すのがスマートです。
袱紗と書いて「ふくさ」と読むのですが、これまで読み方を知らなかったという方は、冠婚葬祭の常識の一つですので、これを機に覚えておきましょう。

袱紗には様々なタイプがありますが、一般的にはシルク製の一枚もののタイプがもっとも格式が高いとされています。商品によって金額は異なりますが、相場は1,000円から3,000円ほどとなっています。デパートや雑貨店などで購入できますので、社会人であれば手元に持っておくことをおすすめします。

どうしても袱紗がなかったり、当日になって持ってくるのを忘れてしまったりという場合には、ハンカチを代用品として使用する方法があります。
あくまでも非常時の対応ですが、知っておくと慌てずに済みます。

なお、袱紗はレンタルも可能ですので、それほど使う機会がないという方であれば購入せずに借りてしまうというのもありです。

Select Shop リボン付きシンプル袱紗 ベージュ
Select Shop リボン付きシンプル袱紗
Select Shop ソフトレース袱紗 グレイッシュブルー
Select Shop ソフトレース袱紗

 

Cariruの袱紗一覧

スマホやカメラ

スマホやカメラ

結婚式の醍醐味の一つは、美しく着飾った新郎や新婦の一世一代の晴れ姿を写真に収めるということです。また、二人だけの写真を撮るだけでなく、彼らと一緒に写真を撮っておくのは参列者にとっても大切な思い出となるでしょう。

ただし、そのためには結婚式にカメラや写真機能を有するスマホなどを忘れずに持っていかなければなりません。長時間にわたってかなりの枚数の写真を撮るはずですので、スマホであれば充電切れにならないように注意が必要です。
また、カメラについても、予備のバッテリーを持参したり、容量オーバーにならないように予備のSDカードを持っていったりしたほうが良いでしょう。

お財布

お財布

結婚式にはフォーマル用のバッグを持っていく方が多いはずですが、普段から財布をバッグに入れる習慣がある場合には、普段使いしているバッグから財布を移し替えておくことを忘れないようにしましょう。と言うのも、式場までの交通費や、式後に友人と食事をするなど、結婚式に参加する場合にはご祝儀以外に何かと出費が発生する可能性が高いためです。

なお、結婚式用のバッグは比較的小さいものが多いため、大ぶりの長財布などが入らないことがあります。そのため、当日になってあたふたしないように、事前に財布がバッグに入るかどうかを確認しておくと安心です。

また、せっかくなので結婚式用に別の財布を持っていくという場合には、現金以外に、クレジットカードや交通系のカードを入れるのをつい忘れがちですので、この点についても注意が必要です。

メイク道具

メイク道具

結婚式に参加する場合には、事前に家でしっかりとメイクをしてから出かけるという方がほとんどのはずですが、移動中などに化粧が崩れてしまう可能性はゼロではありません。
結婚式では写真の被写体になるケースが多々あるため、その場合に化粧が崩れてしまっていてはせっかくの楽しい雰囲気が台無しです。

そこで、いざというときにすぐに化粧直しができるように普段から使い慣れているメイク道具を持っていくようにしましょう。また、コース料理やワインなどに夢中になっていると知らない間に口紅がとれてしまうケースもあるため、こまめに様子をチェックできるよう、手鏡や口紅はすぐに出せるように手元においておくと安心です。

ハンカチとティッシュ

ハンカチ

結婚式には感動的なシーンが目白押しですので、長年の友人の姿を目にしてついつい涙ぐんでしまうことも珍しくありません。そのような場合に、ハンカチやティッシュがあると涙をぬぐったり、顔を隠したりできるので便利です。

それらは、女性のエチケットアイテムでもあるため、結婚式に限らず普段から携帯しておくと良いでしょう。

結婚式で持っていると便利なもの

結婚式に絶対に必要な持ち物

次に、必須とまでは言えないまでも、あると便利な次のようなアイテムをその理由と一緒に紹介します。

・招待状
・サブバッグ
・予備のストッキング
・絆創膏
・お薬
・ヘアピンやクシ
・靴(行き帰り用)

招待状

招待状

結婚式場には所定の時間までに確実に到着しておくべきですが、式場までどのように行けばよいのか途中で分からなくなったり、開始時間を忘れてしまったりする可能性があります。
そこで、開始時間や会場までのアクセスが記されている招待状を持参するようにしておくと、いざという場合にもすぐに確認できて安心です。

招待状は式の一か月以上前に送られてくるのが一般的ですが、中には廃棄したりしてなくしてしまう人もいますので、必須アイテムとは言えませんが、当日に備えてなるべく手元に置いておくようにしましょう。

サブバッグ

結婚式 サブバッグ

結婚式に持参するフォーマルなバッグは小さいものが多いため、ご祝儀袋などの持ち物が入らない場合に備えて、あらかじめサブバッグを用意しておくと便利です。

ドレスと一緒に身にまとうストールを入れておくこともできるなど、何かと重宝するでしょう。
なお、余分なバッグがあると荷物になるのではないかと心配になる方もいるかもしれませんが、基本的に式場では持ち物はクロークに預けられるためあまり邪魔になることはありません。

また、サブバッグと言えどもドレスに合わせて持つ以上は、それなりにお洒落なものを選ぶべきです。適当なものを持っていないのであれば、デパートのバッグ売り場や雑貨用品店などで購入できるため、自分の好みに合うものを用意しておきましょう。

出費を抑えたいのであれば、レンタルも可能です。

Select Shop フラワーレースリボンサブバッグ ベージュ
Select Shop フラワーレースリボンサブバッグ
Select Shop レースリボンミニサブバッグ ベージュ×ブラック
Select Shop レースリボンミニサブバッグ

 

Cariruのサブバッグ一覧

予備のストッキング

予備のストッキング

結婚式に参加する場合、式場まで移動する間や式の最中に立ったり座ったりする間に、ストッキングが伝線してしまうケースがあります。意外に目立ちますので、そういった場合に速やかに取り換えられるように予備のストッキングを用意しておくと何かと便利です。

絆創膏

絆創膏

踵に張れる大きさの絆創膏も、あると助かるアイテムの一つです。
というのも、結婚式では普段あまり履き慣れていないようなヒールの高い靴などを履くため、靴擦れすることが少なくありません。そこで、絆創膏があるとその場ですぐに手当てができるので靴擦れを悪化させずに済むからです。

お薬

薬

披露宴に参加すると、フルコースの料理やふだんあまり口にできないような美味しいお酒を飲めるため、ついつい食べ過ぎたり飲みすぎたりしがちです。
あまり胃腸が強くない方やアルコールが苦手な方のなかには体調が悪くなってしまう可能性もなくはないため、そのような事態に備えてあらかじめ胃腸薬や二日酔い対策用の薬を持参しましょう。

ヘアピンやクシ

ヘアピンやクシ

せっかくセットした髪形が崩れた場合に備えて、ヘアピンやクシを用意しておくのもおすすめです。
あまり大きいものだとかえって邪魔になるため、バッグに入る程度の携帯用のタイプのものを持って行きましょう。

靴(行き帰り用)

靴

前述したように、結婚式用の靴は普段あまり履き慣れていなかったり、ヒールが高かったりして、長時間履いていると足に疲労が蓄積し兼ねません。

式中はそれを履き続けるしかありませんが、行き帰りには足の負担を軽減できるように、履き慣れた靴に履き替えれるように持参しておくと安心です。使わない靴は、クロークに預けたり、駅に備え付けられているコインロッカーに入れておいたりすることができます。

結婚式のアイテムはレンタルもおすすめ

ドレスレンタル

以上で紹介した袱紗やバッグ、シューズなどは自分で購入せずにレンタルすることも可能です。
また、それ以外にも結婚式用のドレスやアクセサリー、ヘアアイテムなどは借りて済ませることができます。

何度も繰り返し使用する機会があるようなものは購入してしまえば良いのですが、それほど使用頻度が高くなかったり、ドレスのように毎回同じものを身に着けて結婚式の写真に写るのに抵抗があったりするようなアイテムについては、レンタルしてしまうのもありです。

ドレスや小物を変えるだけで、自分の雰囲気を大きく変えることができるため、式の雰囲気に合わせて気に入ったものを借りるようにしましょう。

結婚式用のアイテムのレンタルサービスを提供している業者は複数存在していますが、その中でもCariruはリーズナブルな料金で用途に応じた様々なアイテムをレンタルできる使い勝手の良さを売りにしています。

結婚式への参加は何かとお金がかかりますが、こういったサービスを利用すれば出費を最小限に抑えられますので、ぜひ一度検討してみることをおすすめします。

ドレスレンタルCariru公式サイト

ドレス

Cariruでは、パーティードレス、マタニティドレス、パンツドレス、マタニティパンツドレス、ワンピースといった様々なタイプのドレスを2,000円から3,000円ほどのお手軽な料金でレンタルできます。1,500円からボレロ、1,980円からストールを一緒に借りることも可能です。

アーバンリサーチ 総レースフリルドレス
アーバンリサーチ 総レースフリルドレス

Cariruのドレス一覧

バッグとサブバッグ

Cariruでは、900円から9,000円ほどでクラッチバッグや手提げバッグ、ショルダーバッグなどをレンタルすることもできます。それらの中には、お洒落なパーティーバッグや大容量のサブバッグのほかに、ハイブランドのバッグも含まれているため、自分の好みに合わせて気に入ったものを借りることが可能です。

ラメジャガードラインパールパーティーバッグ
ラメジャガードラインパールパーティーバッグ
フラワー刺繍ラメサブバッグ
フラワー刺繍ラメサブバッグ

Cariruのバッグ一覧

シューズ

Cariruで借りれるシューズは、パンプスやサンダルなどで、料金は1,980円から9,900円までのリーズナブルな金額となっています。妊娠中の女性などにうれしいローヒールのタイプや、デザインにこだわりたい方におすすめのストラップ付きのシューズも用意されているため、用途に応じて選べます。

ダイアナ 花柄チュールレースポインテッドパンプス
ダイアナ 花柄チュールレースポインテッドパンプス

Cariruのシューズ一覧

アクセサリー

Cariruでレンタルできるアイテムの中には、ネックレス、ブレスレッド、リング、ピアス、イヤリングなどのアクセサリーがあります。一番お手軽なものだと450円から借りられますので、気に入るものがないか一度見てみると良いでしょう。

エメ パール×ラウンドビジューネックレスセット
エメ パール×ラウンドビジューネックレスセット

Cariruのアクセサリー一覧

ヘアアクセサリー

450円から1,710円ほどを支払えば、カチューシャやバレッタなどのヘアアクセサリーを借りることもできます。いずれも本格的なアイテムばかりなので、結婚式に着けていっても問題ありません。

シャビーシックフラワーカチューシャ
シャビーシックフラワーカチューシャ

Cariruのヘアアクセサリー一覧

小物類

以上で取り上げた以外のアイテムについても、Cariruでレンタルすることが可能です。例えば、袱紗であれば350円から、コサージュやベルトはいずれも450円から借りれますので、必要なものがあればまずはホームページで探してみましょう。

プリファレンス オーロラコサージュ
プリファレンス オーロラコサージュ
ソフトレース袱紗
ソフトレース袱紗
エメ スクエアプレートベルト
エメ スクエアプレートベルト

Cariruの小物一覧

準備が整ったら、結婚式を楽しんで

準備が整ったら、結婚式を楽しんで

以上で見てきたように、結婚式には必ず持っていくべき持ち物や、あると便利な持ち物が目白押しです。
ご祝儀用の新札を得るために両替したり、着用したいアイテムをレンタルしたりするのにある程度時間がかかるため、少なくとも式の1週間前には持ち物を確認するようにすると良いでしょう。

当日になって慌てないためにも、事前の確認は必須です。

 

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

ハウツーカテゴリの最新記事