結婚式の二次会の景品に悩んだら…失敗しない進め方を紹介!

結婚式の二次会の景品に悩んだら…失敗しない進め方を紹介!

結婚式の二次会をやることになり、どんな景品をいくつ用意すれば良いのか悩んでいる方もいるかもしれません。どんな景品を用意するかで二次会の盛り上がり方も変わってくるので、慎重に決めたいところですよね。今回は景品選びで悩んでいる方のために、二次会の景品をどのように選べば良いのか、予算や数、購入方法なども合わせて具体的に解説していきます。

二次会の景品の金額と個数を決める

二次会で使う景品を選ぶ時は、まず金額と個数を決めておきましょう。これを具体的に決めておけば、景品選びがしやすくなります。では、結婚式の二次会で使用する景品の予算はどの程度なのか、また何個程度用意しておけば良いのか見ていきましょう。

景品に使う予算の確認

景品に使う予算の確認

景品の予算を決める時は、まず誰が負担するのかを考えなければなりません。新郎新婦が負担するパターンと、二次会の会費に景品の予算も含めるパターンがあります。新郎新婦が負担するなら、会場のレンタル料や料理代などの予算とは別に考えておきましょう。豪華な景品を用意するとなると、その分予算も増えてしまうので会場費と合わせるとかなりの負担になってしまいます。

二次会にかかる費用は参加する人数によって変わるので、事前に参加人数を把握しておくことが大切です。例えば、会場費が一人あたり5000円かかる場合、参加人数が10人なら5万円で済みますが、50人になると25万円もかかってしまいます。

これとは別に景品代も負担することになるので、まずは参加人数を把握してだいたいの予算を出しておき、景品代にどの程度かけられる余裕があるかを考えましょう。景品が多くなくても、会費が安ければ参加者もそれほど不満を感じないでしょう。

景品に使う予算の確認

二次会の会費に景品代を含める場合は、だいたい1000円から1500円程度の上乗せにしておくと良いでしょう。もし元々の会費を5000円にしようと考えているなら、6000円から7000円程度にしておくのが無難です。

どんなに良い景品を用意しても、その分会費が高くなってしまうと参加者の満足度が低くなってしまうかもしれません。参加者はご祝儀などでも新郎新婦のためにお金を使ってくれているので、なるべく負担を少なくしてあげたほうが喜ばれるでしょう。

景品の個数を決める(時間で決める)

 

景品の個数を決める

いくつ景品を用意しておくか迷った時は、時間で決めるのも1つの方法です。二次会でビンゴゲームをしようと考えている方も多いかもしれません。ビンゴゲームにどの程度時間を使うかでも、景品の必要個数も変わってきます。

例えば、二次会の中で30分ビンゴゲームをしようと考えているなら、1人3分程度と見積もって10個程景品を用意しておけば十分でしょう。たくさん景品を用意したほうが喜ばれると考え、30分しかビンゴゲームをしないのに景品を30個用意しても配りきれません。せっかく予算をかけて景品を用意したのに、余ってしまったら勿体無いですよね。何のゲームをどの程度の時間やるかに合わせて、景品の個数を決めるようにしましょう。

景品の個数

 

もし景品を豪華なものにするなら個数を減らすのも良いでしょう。景品の数が少なくても、1つ1つが豪華なものなら十分ゲームは盛り上がります。ゲームによって用意する景品の数は変わりますが、一般的には二次会に参加する人数の30%程度が適切と言われています。景品の値段と個数のバランスを考えて、予算オーバーしないようにすることが大切です。

二次会で人気の景品

せっかく景品を用意するなら、少しでも喜んでもらえるような物にしたいですよね。ここからは、二次会の景品として人気が高いものをいくつか紹介していきます。

テーマパークのペアチケット

 

テーマパークのペアチケット

二次会の景品として定番になっているのが、テーマパークのペアチケットです。定番の景品は参加者の満足度も高いので、景品選びに迷った時はとりあえず候補に入れておくと良いでしょう。ペアチケットなら恋人同士で使えるので、特に若い参加者に人気があります。もちろん友人や家族とも行けるので、多くの方達に喜んで貰える景品です。

どのテーマパークのチケットにするかは、参加者の住んでいる場所に合わせて選ぶとよいでしょう。関西エリアに住んでいる参加者が多いのに、関東エリアのテーマパークのチケットを景品にしてしまうと、使いにくいと思われてしまうかもしれません。また、有効期限があるチケットも多いので注意してください。貰った人が計画を立てやすいように、有効期限に余裕があるチケットを選びましょう。

旅行券や食事券などのギフトカード

旅行券や食事券などのギフトカード

旅行券や食事券などのギフトカードも人気の景品です。旅行が趣味の人はもちろん、ずっと行きたいと思っていたけれど機会がなかったという人にも喜んでもらえるでしょう。特に行き先が選べる温泉のペア旅行チケットや旅行会社のギフト券などが人気です。食事券は年齢を問わず喜ばれる景品で、全国で使えるカフェのギフトカードや高級レストランのギフトカードなどがおすすめです。

自分ではなかなか行けないようなお店も、ギフト券があれば気軽に食事に行けると支持を集めています。

高級食品

高級食材

普段なかなか食べることができない高級食品も人気があります。松阪牛やカニなど様々な高級食品がありますが、普段はなかなか手が出ないという方も多いかもしれません。

そんな特別な高級食品を景品として貰うことができれば、参加者の方もきっと喜んでくれるでしょう。景品を貰った人だけでなく、その家族や友人、恋人など他の人と一緒に楽しめるというのも人気の理由です。

家電やゲーム機

家電やゲーム機

実用的なものも景品として人気があります。特におすすめなのが家電やゲーム機です。トースターやドライヤー、炊飯器などの電子機器は実用性が高いため喜んでくれる人は多いです。特に最新のものを用意すれば注目度がアップし、ゲームもさらに盛り上がるでしょう。

最新のゲーム機も人気で、自分はゲームをやらないという方でも、友人や家族、恋人にあげることもできるので喜ばれます。中にはなかなか手に入らない大人気のゲーム機もあるので、そういった景品を用意すれば大注目されるかもしれません。

1万円以下の手頃な商品が多いのも景品として選びやすいポイントです。予算に合わせて色々な商品を選べるので、数合わせとして利用するのも良いでしょう。

スタバやQuoカード

スタバやクオカード

スタバカードやQuoカードも実用性が高い景品として人気があります。スタバカードは全国のスターバックスで使えるので、普段よくスタバのコーヒーを飲む人からは喜ばれます。

また、金額を自分で決められるのも便利です。1枚のカードに1000円から3万円まで好きな金額を入金できるので、予算や参加人数に合わせて決めることができます。

スタバカードの中には、季節限定やご当地オリジナルのデザインもあるので、デザインに拘って選ぶのも良いでしょう。普段手に入らないデザインのカードなら、それだけで景品としての価値が上がります。

全国約57,000店で利用できるQuoカードもおすすめです。金額を細かく選ぶことができますし、中にはオリジナルデザインができるプランも用意されています。二次会の記念になるようなデザインを施せば、貰った人も良い思い出になるでしょう。

雑貨類

雑貨類

景品選びに困った時は、雑貨類から選んでみるのもおすすめです。雑貨というと地味なイメージがあるかもしれませんが、お洒落な雑貨もたくさんあります。特に自分では買わないようなお洒落でちょっと高級な雑貨なら、貰った人も嬉しく思ってくれるでしょう。イソップのハンドウォッシュや、ジョンマスターオーガニックのタオルなどがおすすめです。

雑貨類を景品にする時は、なるべく実用性があるものを選びましょう。置物や飾りなどの雑貨はデザインの好みが分かれますし、インテリアによって合う合わないがあるので選ぶのが難しいです。それよりは、ハンドウォッシュやタオルなど、日常生活で使える実用的な雑貨を選ぶほうが無難かもしれません。

その他

その他

高級スイーツも景品としてぴったりな商品です。高級スイーツは人にあげるばかりで、自分ではなかなか食べないという方も多いのではないでしょうか。そういう商品を景品で貰えたら嬉しいと感じる人は少なくありません。特に女性に人気の景品なので、女性参加者が多い二次会で景品として用意しておけば喜ばれるでしょう。

ビールや日本酒の飲み比べセットも人気があります。色々なお酒を飲み比べできるのは、お酒好きな人にはたまらない景品です。予算に余裕があれば、飲み比べセットとおつまみをセットにするのも良いでしょう。

景品を購入する時の注意

二次会の景品を何にしようか決める時や、実際商品を購入する時にはいくつか注意したいポイントがあります。間違った景品選びをしてしまうと、せっかくの二次会が台無しになってしまうこともあります。

では、どういうポイントに注意して景品を購入すれば良いのか詳しく見ていきましょう。

男性・女性どちらでも使える

男性女性どちらでも使える

景品を選ぶ時に特に注意しておきたいのが、男性でも女性でも使える景品かということです。化粧品のセットや髭剃りのセットなども人気がありますが、これらの商品は使用する性別が限定されてしまいます。例えば、男性が高級な化粧品セットを貰っても使い道があまりないですよね。恋人や奥さんがいる男性ならまだ良いですが、あげる相手がいない男性だと貰っても困ってしまうでしょう。

景品を選ぶ時は、なるべく性別に関係なく使えるものを選ぶようにすると失敗がなくなります。商品の中にはカラーバリエーションがいくつかあり、好きな色を選べるものもあります。女性ウケを狙ってピンク色を選ぶ人もいますが、あまり原色の商品は選ばないほうが良いでしょう。

男性でも女性でも使用しやすい、無難な色を選んでおいたほうが安心です。

重たいものは後日配送にする

重たいものは後日配送する

景品は参加者が持ち帰ることも考えて選ばなければなりません。参加者がびっくりするような目玉商品を用意したいと考え、大きな家電や色々な商品をセットにした豪華な景品を購入する方もいるかもしれません。

確かにそういった商品が二次会の会場にあれば、その場の雰囲気は盛り上がるかもしれません。しかし、実際その商品が当たった人は、大きな荷物を持って帰ることになります。大きな家電を自分で持ち帰るのはあまり現実的ではありませんよね。

参加者の中には車ではなく電車などを利用して来ている人や、遠方から来てくれている人もいるでしょう。そういう人達が持ち帰りに困るような景品は避けたほうが良いです。もしサイズの大きい商品を景品にする場合は、後日送るようにしましょう。

景品にする商品を決めておき、実際には購入せず当選者が決まってから購入し送り届けるようにすれば、参加者の方にも迷惑がかかりません。どうしても現物を会場に持って行きたい時は、発送の準備までしっかりしておくようにしましょう。

よくあるトラブル例

よくあるトラブル例

二次会でよくあるのが、会費で二次会の支払いがまかなえなくなってしまうことです。二次会の予算を決める時に、参加者が支払う会費を含めて計算することが多いですよね。

例えば、会費を5000円にして30人参加者がいれば、15万円のお金が集まるのでそれを使って二次会にかかる費用を支払うことができます。しかし、予想していた人数よりも実際参加した人数が少なくなってしまうと、集まるお金も減ってしまいます。参加者の会費をあてにして予算を決めてしまうと、思っていたよりも会費が集まらなかった時に支払いできなくなります。

よくあるトラブル例

ドタキャンを防ぐためにも、参加者の出欠の確認はしっかり行っておくことが大切です。幹事に全て任せているという方もいるかもしれませんが、お金に関わることなので新郎新婦も対応しておいたほうが良いでしょう。

二次会の準備の仕方が悪いと、参加者から不満が出てしまうことがあります。特に多いのが高い会費を払ったのに食事が少ない、ゲームの景品が少ないといった不満です。二次会の内容が会費に見合っていないと、参加者から不満が出ることがあるので注意してください。

結婚式の二次会はおめでたい席なので、新郎新婦だけではなく参加者の人にも満足して帰ってもらいたいですよね。そのためには、ゲストに少しでも多く還元できるようにバランスを考えることが大切です。会費を高く設定しているならその分食事や景品を豪華にして、会費と十分見合っていると思ってもらえるようにしましょう。どうしても予算の都合で食事や景品を豪華にできない時は、会費を低く設定しておけば参加者も納得してくれるかもしれません。

二次会を楽しく盛り上げよう!

二次会を楽しく盛り上げよう

二次会の準備は大変なことも多いですよね。特に景品選びは会場費や参加人数などを含めて考えなければならないため、いくつ用意しようか、何を景品にしようか考えるだけでもかなりの手間や時間がかかります。

しかし、自分達のために多くの人が集まってくれるわけですから、参加者が喜んでくれることを考えて幹事と一緒に楽しみながら景品選びをしてみてください。

Management By Cariru

Cariruはフォーマルなおしゃれを手間なくお得に楽しめるドレスレンタルサイトです。

結婚式、子どものセレモニーなど大切なお祝い事や記念日、顔合わせなどのイベントにぴったりのアイテムが3500点以上。

お店に行かなくても、ドレス、羽織物、バッグ、アクセサリー、シューズがすぐに揃うため、急なイベント時にもおススメです。

Cariru dress rental

ハウツーカテゴリの最新記事